第29回日本災害医学会総会・学術集会 シンポジウム「叡智の結集:災害関連学会」開催のご案内

会員各位

第29回日本災害医学会総会・学術集会 運営事務局様より、2024年2月22日(木)~24日(土)に開催される「第29回日本災害医学会総会・学術集会」および22日(木)に行うシンポジウム「叡智の結集:災害関連学会」の開催のご案内がございました。
詳細は下記よりご確認ください。

----------------------------------

「第29回日本災害医学会総会・学術集会」開催概要

・日時:2024年2月22日(木)〜24日(土)
・会場:みやこめっせ(京都市勧業館)
・テーマ:叡智の結集 ーすべては被災者のためにー
・会長:髙階 謙一郎
    (京都第一赤十字病院院長特任補佐
    救命救急センター・基幹災害医療センター長)
・副会長:池田 栄人 (京都第一赤十字病院 院長)
     松井 道宣 (京都府医師会 会長)
・詳細:https://site2.convention.co.jp/29jadm/


シンポジウム「叡智の結集:災害関連学会」のご案内

・セッション名:シンポジウム「叡智の結集:災害関連学会」
 ※懇談会はシンポジウムに含める形式で開催いたします。
・日時:2024年2月22日(木)15:40~17:40
・会場:第1会場(みやこめっせ 3F 第3展示場A)
・座長:大友 康裕先生(一般社団法人日本救急医学会 代表理事)
    本間 正人先生(一般社団法人日本災害医学会 代表理事)
・演者:一般社団法人日本集中治療医学会よりご推薦
    公益社団法人日本精神神経学会よりご推薦
    公益社団法人日本産科婦人科学会よりご推薦
    公益社団法人日本小児科学会よりご推薦
    一般社団法人日本糖尿病学会よりご推薦
    一般社団法人日本循環器学会よりご推薦
・参加費:自己負担
     (ご参加いただく場合、参加登録(有料)が必要となります。



【お問い合わせ先】
第29回日本災害医学会総会・学術集会 運営事務局
日本コンベンションサービス株式会社 関西支社内
担当:小谷松・山本
E-mail:29jadm@convention.co.jp

----------------------------------










救急救命士の特定行為の取り扱いについて(厚生労働省)

関係者各位

 厚生労働省医政局地域医療計画課より、今般の令和6年能登半島地震に係る医療活動の中で、救急救命士が医師の具体的指示を必要とする救急救命処置を行うことに対する考えを別添のとおり、各都道府県衛生主管部(局)に対し事務連絡を発出したとのお知らせがございました。
 詳細については、下記資料をご確認頂きますようお願い申し上げます。

<別添資料>
救急救命士の特定行為の取り扱いについて(PDF)










救急認定薬剤師 第12回認定者のお知らせ

令和5年度第12回救急認定薬剤師として、31名が認定されました。
認定者はこちらよりご確認ください。












臓器の移植に関する法律施行規則の一部を改正する省令の施行について(厚生労働省)

関係者各位

 厚生労働省移植医療対策推進室より、臓器の移植に関する法律施行規則の一部を改正する省令の施行についての通知がございましたのでお知らせいたします。
 詳細については、下記をご確認頂きますようお願い申し上げます。

----------------------------------

移植行政の推進につきましては、日頃より多大なるご協力を賜り感謝申し上げます。

今般、臓器の移植に関する法律施行規則の一部を改正する省令(令和5年厚生労働省令第153号)が12月12日に公布され、
令和6年1月1日から施行することに伴い、別添のとおり、省令の施行について通知します。
また、これに伴い、「臓器の移植に関する法律」の運用に関する指針(ガイドライン)の一部を別紙新旧対照表のとおり改正し、
同日から施行することとしましたので、貴下関係機関等に対する周知及び適正な移植医療の実施についてよろしくお願いします。


<添付書類>
臓器の移植に関する法律施行規則の一部を改正する省令の施行について(PDF)
「臓器の移植に関する法律」の運用に関する指針(ガイドライン)の一部改正について(通知)(PDF)
「「臓器の移植に関する法律」の運用に関する指針(ガイドライン)の細則について」の廃止について(PDF)
官報 令和5年12月12日1121号 抜粋(PDF)


また、臓器提供体制の整備のためのご参考としていただきたく、好事例として、
臓器提供施設の取組を厚生労働省のYouTubeチャンネルで紹介しておりますので、
是非、ご覧いただけますようお願い申し上げます。

【好事例
臓器提供施設の取組について(第65回厚生科学審議会疾病対策部会臓器移植委員会)
https://www.youtube.com/watch?v=_e74GBn86Ac


********************************
厚生労働省 健康・生活衛生局 難病対策課
移植医療対策推進室
********************************











「第50回日本熱傷学会総会・学術集会」開催のご案内

会員各位

第50回日本熱傷学会総会・学術集会 運営事務局様より、2024年6月13日(木)~14日(金)に開催される「第50回日本熱傷学会総会・学術集会」の開催のご案内がございました。詳細は下記よりご確認ください。

----------------------------------

「第50回日本熱傷学会総会・学術集会」開催のご案内

「第50回日本熱傷学会総会・学術集会」を下記のとおり開催いたします。

・日時:2024年6月13日(木)~14日(金)

・場所:大阪大学中之島センター(学術集会)
    大阪中之島美術館(50周年記念式典)

・テーマ:Love! 熱傷診療 ~あつまろう50周年~

・演題募集期間:20231215日(金)~2024115日(月)

・詳細:https://www.50jsbi.jp/index.html

・お問合せ:
 第50回日本熱傷学会総会・学術集会 運営事務局
 大阪大学大学院医学系研究科 救急医学教室
 〒565-0871 大阪府吹田市山田丘2-2(D-8)
 E-mail:jsbi50[at]hp-emerg.med.osaka-u.ac.jp
 ※[at]@に置き換えてください。











「医療機関に所属する救急救命士に対する研修の講師となる人材のための講習会」のご案内(臨床教育開発推進機構)

関係者各位


一般社団法人臨床教育開発推進機構様より、厚生労働省から院内研修に係る「医療機関に所属する救急救命士に対する研修体制整備事業」の委託を受けた、
「医療機関に所属する救急救命士に対する研修の講師となる人材のための講習会」についてのご案内がありましたのでお知らせ致します。
 詳細は下記よりご確認下さい。

「医療機関に所属する救急救命士に対する研修の講師となる人材のための講習会」のご案内

koshukai_nittei_odpec.png


「日本版敗血症診療ガイドライン2024」パブリックコメント募集のお知らせ

会員各位

 現在、日本集中治療医学会・日本救急医学会において、「日本版敗血症診療ガイドライン2020」の改訂作業を進めており、
この度、ガイドラインの骨格である83の臨床疑問とその推奨案に関して、パブリックコメント募集のお知らせがございました。
詳細については、下記ページのご案内をご確認いただけますと幸いです。

■ 「日本版敗血症診療ガイドライン2024」パブリックコメント募集のお知らせ
  https://www.jaam.jp/info/2023/info-20231122.html

なお、パブリックコメント募集期間は、2023年11月22日(水)~12月7日(木)となっております。












【再周知】AEDの適切な管理等の実施及び設置登録情報の適切な更新等について(厚生労働省)

関係者各位

 厚生労働省医政局地域医療計画課より、自動体外式除細動器(AED)の適切な管理等の実施及び設置登録情報の適切な更新等について、再周知のご連絡がございました。
 詳細については、下記の通知書をご確認頂きますようお願い申し上げます。

----------------------------------

1. 自動体外式除細動器(AED)の適切な管理等の実施について(再周知)

日本臨床救急医学会宛ての通知書
都道府県宛ての通知書
21年通知:自動体外式除細動器(AED)の適切な管理等の実施について


2. 自動体外式除細動器(AED)設置登録情報の適切な更新等について(再周知)

日本臨床救急医学会宛ての通知書
都道府県宛ての通知書
27年通知:自動体外式除細動器(AED)設置登録情報の有効活用等について











第12回救急認定薬剤師認定審査結果について

救急認定薬剤師認定委員会はこの度、第12回認定審査(一次選考;書類審査、二次選考;筆記試験)を行い、
下記番号の受験者につき合格と判定しました。

合格者受験番号はこちらよりご確認ください。

各受験者に対しては、1115日付で審査結果を郵送で通知しています。併せてご確認下さい。
合格者は、認定料の納付をもって、救急認定薬剤師と認定されます。

第2回救急専門薬剤師認定審査について

第2回救急専門薬剤師認定審査について、
書類審査合格者を対象に行う口頭試問の日時・会場を掲載いたしました。
詳細はこちらよりご確認ください。

なお、第2回救急専門薬剤師認定審査の申請期間は、2023年11月30日まで(※当日消印有効)となっております。
申請をご検討中の方におかれましては、申請忘れのないようご注意ください。












患者安全検討推進委員会よりお知らせ

会員各位

当会の患者安全検討推進委員会の活動内容をまとめたニュースレターが公開されました。
RRS(Rapid Response System)要請者コースの紹介、9月に行われたコースの報告等が掲載されております。
下記よりご確認ください。

News Letter Vol.1













香りへの配慮に関する啓発ポスターについて(厚生労働省)

関係者各位

 厚生労働省医政局地域医療計画課より、香りへの配慮に関する啓発ポスターについて、情報提供・周知依頼がございました。
 詳細については、下記をご確認頂きますようお願い申し上げます。

香りへの配慮に関する啓発ポスターについて(情報提供)(PDF)
香りへの配慮に関する啓発ポスターについて(周知依頼)(PDF)

----------------------------------

1.啓発ポスター について
https://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_safety/other/index.html#other_002

2.関連情報について
 日本石鹸洗剤工業会では、以下のように衣料用柔軟仕上げ剤の品質表示の自主基準において「香りに関する注意喚起」の表示項目を設けるとともに、周囲への香りのマナーに関する啓発を行っています。
(1) 衣料用柔軟仕上げ剤の品質表示 自主基準
https://jsda.org/w/01_katud/a_sekken25.html
(2) 柔軟仕上げ剤の香りに関して
https://jsda.org/w/01_katud/jyuunanzai_kaori.htm










「令和5年度自殺未遂者ケアオンライン研修」(第2回一般救急版)申込開始のお知らせ

関係者各位

令和5年12月10日(日)に開催されます「令和5年度自殺未遂者ケアオンライン研修」(第2回一般救急版)につきまして、
10月10日(火)より参加申込みが開始となりました。
受講をご希望の方は下記のページより詳細、応募方法をご確認ください。
多数のご参加をお待ちしております。

自殺未遂者ケア研修











医学中央雑誌刊行会主催「医学中央雑誌創刊120周年記念講演」開催のご案内

会員各位

医学中央雑誌刊行会様より、2023年10月27日(金)に開催される「医学中央雑誌創刊120周年記念講演」(オンライン開催)のご案内がございました。
参加をご希望の方は、下記より詳細をご確認ください。

医学中央雑誌創刊120周年記念講演開催のご案内
講演チラシ(PDF)

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇医学中央雑誌創刊120周年記念講演開催のご案内◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

拝啓 清秋の候、ますますご健勝のこととお慶び申し上げます
平素は当会事業に格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
お蔭様で医学中央雑誌は 2023年3月に創刊120周年を迎えました。
この度これを記念し、下記により講演会を開催する運びとなりました。
本講演はどなたでもご参加いただけます。多数の方のご参加を心からお待ちしております。
                                       敬具

                 記

<日時>  2023年10月27日(金)14:00~15:30
     (Zoomによるウェビナー・要事前申込み)

<講師>  鈴木 則子 先生(奈良女子大学研究院 生活環境科学系 教授)

<演題>  江戸のくらしと感染症 -コロナの時代に見つめなおす-

<参加費> 無料

<お申込み方法>
上記の講演チラシに掲載されているQRコード(二次元バーコード)または、
下記URLから医学中央雑誌刊行会様のページにアクセスし、お一人様分ずつお申込みください。


https://www.jamas.or.jp/news/news180.html

*申込締切:2023年10月26日(木)10:00まで
 10月26日午後から参加用URLをお送りします。
 お申込みの際はメールアドレスをお間違えのないようご入力ください。


<お問い合わせ先>
特定非営利活動法人 医学中央雑誌刊行会
〒168-0072 東京都杉並区高井戸東2-5-18
電話:03-3334-7625(代)
FAX:03-3332-1394
E-mail:info@jamas.or.jp
URL:https://www.jamas.or.jp/

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇










自殺企図者のケアに関する検討委員会よりお知らせ

会員各位

 当会の自殺企図者のケアに関する検討委員会(自傷・自殺未遂レジストリ運営ワーキンググループ)が厚生労働大臣指定法人・一般社団法人 いのち支える自殺対策推進センターと協働で運用しております「自傷・自殺未遂レジストリ(JAPAN Registry of Self‐harm and Suicide Attempts ; JA-RSA」の事業紹介(一部集計データを含む)資料を、本日、新JA-RSA.netのホームページにアップロードいたしました。
下記よりご確認ください。

▼トップページ
https://sites.google.com/jscp.or.jp/jarsa
(こちら新JA-RSA.net のトップページですが、リダイレクト設定済みですので、旧サイトURLにアクセスしたしましても、ご覧いただける仕様となっております。)

▼事業紹介
https://sites.google.com/jscp.or.jp/jarsa/about












【周知依頼】「自殺予防週間」の取り組みの公表等について(厚生労働省)

関係者各位

 厚生労働省自殺対策推進室より、9月10日から9月16日の「自殺予防週間」に向けて、厚生労働大臣、文部科学大臣、こども政策担当大臣及び孤独・孤立対策担当大臣の連名メッセージの発信とともに、その取り組みの公表を行ったとのご連絡をいただきました。
 下記に詳細を掲載しておりますので、情報提供・周知についてご協力をお願いいたします。


【ポイント】
〇自殺予防週間では、電話やSNSによる相談支援体制の拡充や、
 主にこども・若者に向けて、ポスターや動画による相談の呼びかけなど
 集中的な啓発活動を実施します。

〇自殺予防週間に先立ち、こども・若者の自殺防止に向けた取り組みを強化するため、
 こども家庭庁、文部科学省、内閣官房孤独・孤立対策担当室と連携し、
 8月1日からこども・若者に向けた集中的な啓発活動を実施しています。
 
※プレスリリース「9月10日から9月16日は「自殺予防週間」です~関係府省庁等と連携し、さまざまな取り組みを実施します~」
https://www.mhlw.go.jp/stf/r5_jisatsuyoboushukan.html
 
※大臣メッセージ(厚生労働大臣、文部科学大臣、こども政策担当大臣、孤独・孤立対策担当大臣連名)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/seikatsuhogo/jisatsu/r5_shukan_message.html
 
(参考)政府全体でこども・若者の自殺防止に向けた取組を強化します(8月1日プレスリリース)
https://www.mhlw.go.jp/stf/jisatsutaisaku_press230801.html

以上




【重要】サーバメンテナンスのお知らせ(2023年9月6日(水)~7日(木))

【公示】第2回救急専門薬剤師認定審査について

第2回救急専門薬剤師認定審査について掲載いたしました。

詳細はこちらよりご確認ください。












日本救急医学会主催シンポジウム「医師の働き方改革と地域医療提供体制の両立に向けて」のご案内

会員各位

日本救急医学会様より、2023912日(火)に開催される日本救急医学会主催シンポジウム「医師の働き方改革と地域医療提供体制の両立に向けて」(オンライン開催)のご案内がございました。
参加をご希望の方は、下記より詳細をご確認ください。

日本救急医学会主催シンポジウム「医師の働き方改革と地域医療提供体制の両立に向けて」のご案内
フライヤー(PDF)

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇シンポジウム『医師の働き方改革と地域医療提供体制の両立に向けて』開催概要◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

<開催日時> 2023912() 17:00-20:00

<開催方法>オンライン開催(後日オンデマンド配信予定)

<プログラム> ※以下、敬称略

総合司会 横堀 將司(日本救急医学会医師偏在対策特別委員会 委員長)
開会挨拶(シンポジウムのねらい) 大友 康裕(日本救急医学会 代表理事)

~講演内容~
・厚生労働省の医師偏在対策
・医師少数県知事の会:医師偏在対策の要望書提出に関わる経緯
・自由民主党「医師の働き方改革の施行に関するPT
・地方病院の病院長・救急部長からみた医師偏在
・日本救急医学会労務委員会の取り組み      等

~登壇者~
佐々木 孝治(厚生労働省 医政局 地域医療計画課 課長)
自見 はなこ(参議院議員 / 「医師の働き方改革の施行に関するPT」事務局長)
中野 実(前橋赤十字病院 院長)
竹島 茂人(沖縄県立八重山病院 救急科 部長)
織田 順(日本救急医学会 労務管理委員長)

総合討論
司会 横堀 將司(日本救急医学会医師偏在対策特別委員会 委員長)
ディスカッサント 松本 尚(衆議院議員 / 千葉県医師会理事)
         大友 康裕(日本救急医学会 代表理事)

開会挨拶 大友 康裕(日本救急医学会 代表理事)

参加申込下記URLもしくはQRコードより、お申し込みをお願いいたします。

※お申込みにはPeatixのアカウントが必要となります。

https://peatix.com/event/3661061

20230912_QRcode.gif

■お問い合わせ先
シンポジウム『医師の働き方改革と地域医療提供体制の両立に向けて』運営事務局
担当:原田 幸寿
e-mail:harada@compass-tokyo.jp
113-0033 東京都文京区本郷3-35-4 不二光学ビル3F(株式会社コンパス内)
TEL:080-3398-3873 / 03-5840-6131
※テレワーク推奨中のため携帯電話へお掛けください。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇





令和5年度「自殺予防週間」に対する協賛及び啓発活動等の推進依頼(厚生労働省)

関係者各位

 厚生労働省自殺対策推進室より、令和5年度「自殺予防週間」に対する協賛及び啓発活動等の推進についてのご依頼がありました。
 詳細について、下記をご確認頂きますようお願い申し上げます。
 自殺予防週間には国、地方公共団体、関係団体及び民間団体等が一体となって啓発活動を推進することが自殺予防に効果的とのことですので、是非ともご協力をお願いいたします。

令和5年度「自殺予防週間」に対する協賛及び啓発活動等の推進について(PDF)

○広報ポスターのデータについて
 自殺予防週間の啓発活動にご活用いただければ幸いです。 

 ・広報ポスター(QRコード有)

 デジタルサイネージ(QRコード有)
 ・w1,460xH1,032px(横)

○こども・若者の自殺防止に向けた取組の強化について

 小中高生の自殺者数は、近年増加傾向が続き、令和4年は過去最多となっていること、また、こどもや若者の自殺が長期休暇明け前後に増加する傾向を踏まえて、8月1日より、こども・若者の自殺防止に向けた取組を強化し、集中的な啓発活動を行うことについて、厚生労働省、こども家庭庁、文部科学省、内閣官房孤独・孤立対策担当室の4省庁連名でプレスリリースいたしましたのでご連絡いたします。

■プレスリリース「政府全体でこども・若者の自殺防止に向けた取組を強化します」
~厚生労働省HP~
https://www.mhlw.go.jp/stf/jisatsutaisaku_press230801.html
 
~厚生労働省Twitter~
 プレスリリースについて投稿しましたので、リツイート等をお願いできればありがたく思います。
 また、自殺予防週間の取組も踏まえて、8月、9月にツイートする予定ですので、リツイート等いただければありがたく思います。

https://twitter.com/MHLWitter/status/1686240353488384001
https://twitter.com/MHLWitter/status/1686240370257219584
 
<プレスリリースのポイント>
 本年は、8月1日から、特にこども・若者を対象とした自殺防止の啓発活動を、厚生労働省、こども家庭庁、文部科学省、内閣官房孤独・孤立対策担当室が連携して実施することとしました。 
 厚生労働省においては、今回の啓発活動では、こども・若者向けのポスターや動画を作成し、夏季休暇中から掲示します。
 また、自殺対策に関する相談窓口などの情報をまとめたウェブサイト「まもろうよこころ」の周知などを行い、幅広いルートを通じて、こども・若者に必要な情報を届けていく予定です。
 
<お願い>
 プレスリリース及び相談窓口が掲載されているポスター、動画等について関係機関及び関係団体等に情報提供、周知をお願い致します。
 国、自治体、関係団体等の様々なルートを活用し、こども・若者に必要な情報を届けたいと考えておりますのでご協力をお願い致します。
 広報バナー、ポスター、動画等の広報媒体を集約して、情報の拡散がしやすいページを立ち上げておりますので、情報提供・周知の際はこちらのリンクもご活用ください。

※「広げてみよう支え合い」のページ
https://www.mhlw.go.jp/mamorouyokokoro/sasaeai/

以上