JTASコースについて

JTASコース管理システム

現在、開催予定となっている、コース受講申し込みページです。こちらよりお申込み下さい。
ログインIDをお持ちでない方は「受講予備登録」をしてください。
<tab

平成24年6月以前のコースにつきましては、「JTASコース管理システム」に受講歴の反映が出来ておりません。
過去にコース受講された方々におかれましては、恐れ入りますが、お名前、過去に受講されたコース開催日、コース名 を学会事務所内「JTASコース管理システム係」のメール(jtas-jsem@herusu-shuppan.co.jp)へお知らせ下さいますようお願い致します。
更新作業が完了致しましたら、ご連絡頂きましたメールへご返信致します。

 

※JTASコース管理システムをご利用出来ない方々へ※

 

このJTASコース管理システムをご利用出来ない場合には、
下記の「お申込み内容」もしくは本登録申込書を学会事務所へ
FAX(03-3380-8627)または
学会事務所内「JTASコース管理システム係」メール(jtas-jsem@herusu-shuppan.co.jp)にて
お申込み下さい。

 

●お申込み内容●
*は必須項目でございますので、記入漏れのないようお願い致します。

メールアドレス *

(携帯メールアドレス可)

 

 
氏  名 * 姓:        名: 
フリガナ * 姓:        名: 
性  別 * □男性     □女性
職種  □医師 □看護師 □救命救急士 □救急隊員
□病院事務 □教育職 □その他
勤務先所属 *  
勤務先郵便番号 * 〒     - 
勤務先都道府県 *         都 道 府 県
勤務先住所 *  
勤務先ビル名等
緊急時連絡先電話番号 *
(日中に連絡のとれる番号)
       -       - 
日本臨床救急医学会会員 □非会員 □会員→会員番号:
日本救急看護学会会員 □非会員 □会員→会員番号:
申込みコース希望のコース開催日 * 平成    年    月    日
申込みコース希望のコース名 *  
コースの申込み履歴について * □初めて   □2回目以降

 

以上

 

JTASコース受講のお申し込み方法

1.開催予定コースの確認

開催コース案内ページから受講者を募集しているコースを確認する。
開催予定コースはこちら
JTASの詳細はこちら

2.受講申込

JTASコース管理システムからお申込み下さい。
ログインIDをお持ちでない方は「受講予備登録」をしてください。

3.登録確認メール

登録確認メールが届きます。メールアドレスが誤っている場合は確認メールが届きません。また携帯メールにはシステムが対応しておりません。
正常にお申し込が完了しますと、システムからお申し込み完了についてのメッセージがご登録いただいたメールアドレスに配信されます。
数分待ってもメッセージが受信されない場合、ご入力いただいたメールアドレスに誤りがあるか、サーバーの設定による問題である可能性が考えられます。お手数ですが、再度、本フォームに入力の上で送信しなおしていただきますようお願い申し上げます。

4.受講決定

受講が決まりましたら、受講登録時に記入されたメールアドレスにご案内いたします。


*****************************************************

◆ 日本臨床救急医学会のJTASプロバイダーコース受講生の皆様へ

※ 事前学習で資料をお読みください。ログインページはこちら


*****************************************************

*****************************************************

◆ 日本臨床救急医学会のJTASプロバイダーコースを
        ご受講された皆様へ

※ JTASコースの復習に下記の資料をお役立てくださいログインページはこちら

*****************************************************

コースを開催したい方へ

1.CTAS/JTASコース・委員会メンバー、地域プロジェクト担当または医師アドバイザーに相談する

日本臨床救急医学会 JTAS企画運営検討小委員会
委員長:奥寺 敬
委員:太田 祥一、木澤 晃代、背戸 陽子、多賀 真佐美、山崎 早苗

地域プロジェクト担当
富山県 地域医療再生臨時特例基金事業プロジェクト
代表:奥寺 敬、副代表:若杉 雅浩
神奈川県 地域医療再生臨時特例基金プロジェクト
代表:猪口 貞樹

医師アドバイザー
CTAS/JTASプロバイダーコースでは、コースの質の担保のために、コース内容を熟知した1名以上の医師アドバイザーの同席が必要となります。すでに医師でありこれまでのコースを受講された日本救急医学会指導医は、医師アドバイザーの資格を有します。また、昨年の、日本救急医学会総会のプレコングレスセミナー「CTAS/JTAS指導者養成セミナー」を受講された方々も同様に医師アドバイザーの資格を有します。認定医師アドバイザーリストはこちら

認定緊急度判定支援システム・インストラクター
CTASのオリジナルには、インストラクター・コースがあり、これを日本語に翻訳しています。現在、内容と要件を検討中です。年度内にトライアルコースを開催予定です。

2.日程調整、会場を確保し受講者を募集する 当面の間、委員会直轄コースとします!

会場の確保は、各主催者にてお願いいたします。
日本臨床救急医学会、日本救急看護学会で保有する貸出用のiPadは、数に限りがありますので、最初に予約することが重要です。
受講者募集も各自でどうぞ。
このホームページに募集案内を掲載希望される場合は、当面は 奥寺 okudera@med.u-toyama.ac.jp までメールください。必ずメールの表題に CTAS をいれてください。

3.スタッフを募集する 当面の間、委員会直轄コースとします!

コースを開催するには、質の担保をする医師アドバイザー、認定緊急度判定支援システム・インストラクター、操作など受講生を支援するファシリテーター(受講経験者)などの役割が必要となります。日本臨床救急医学会のJTAS検討委員会ではスタッフ育成システムを検討中です。コースの財政負担を軽減し開催数を増加させるために、各都道府県に一定数のスタッフを置く必要があります。

具体的なスタッフ育成については近日中にupいたします。

4.開催の決定と学会への申請 当面の間、委員会直轄コースとします!

JTASプロバイダーコースを開催する希望施設は、下記の申請書及び報告書をダウンロードしていただき、学会事務所内「JTASコース管理システム係」(jtas-jsem@herusu-shuppan.co.jp)までご提出下さい。
なお、登録料として2,000円×受講者人数、iPad貸与料として2,000円×iPad貸出台数が発生します。学会事務所より請求させて頂きます。

JTASプロバイダーコース開催申請書(Wordファイル)(平成28年4月11日改正)
※コース開催予定の3ヵ月前迄にご提出下さい。

受講者人数報告書(JTASプロバイダーコース開催報告書)(Wordファイル)(平成28年4月11日改正)
※コース開催後より1週間以内にご提出下さい。

5.受講料設定 当面の間、委員会直轄コースとします!

下記の2点を踏まえて、受講料を無理のない範囲で設定してください。JTASは日本臨床救急医学会と日本救急看護学会が代表契約者ですので、両学会の会員と非会員には明確な受講料の差を設定してください。

1) iPad貸出は1台につき 2.000円の実費を日本臨床救急医学会に納付してください。
2) 受講者1名につき受講登録料 2,000円を、日本臨床救急医学会に納付してください。

コース終了時で、必ず確定した受講者名簿を保存しておいてください。

以上